Vライン・Iラインのようなアンダーヘアを放置していると、雑菌が付着して不快なニオイの原因となることがあります。動物性たんぱく質を過剰に摂取すると体臭が強くなるケースがありますが、デリケートゾーンに関してはアンダーヘアを普段から綺麗に処理しておくだけでも不快なニオイの発生を予防しやすくなります。

しかし、アンダーヘアをサロンやクリニックで脱毛してもらうことに抵抗を感じる女性もいると思います。デリケートなアンダーヘアはプロに脱毛してもらうのが安全かつ効率的ですが、他の人に見せるのが恥ずかしい場合は自己処理に挑戦してみてはいかがでしょうか。

アンダーヘアをお線香で焼いて処理する女性もいますが、お線香などでは火傷の危険性があるためあまりおすすめできません。はさみ・カミソリ等で処理するとお肌を傷めやすく、次第に毛先がショーツから突き出す等の問題点が発生します。毛抜きで抜くとムダ毛のない状態をある程度長持ちさせることが可能ですが、再生したムダ毛が皮膚の中に埋もれてしまって処理が大変になることも多いです。

アンダーヘアを安全に自己処理できるアイテムとしてヒートカッターがあります。熱線がお肌に触れないようにコームがついているので、お線香等で肌トラブルが発生した経験のある方でもヒートカッターなら安全です。処理後もチクチクしないので、気軽にアンダーヘアを処理したい人にはおすすめのアイテムです。

ヒートカッターは便利なアイテムですが、いくつかのデメリットもあります。まず、ヒートカッターで毛を焼くと独特の匂いがします。人によっては不快に感じて気分を悪くする可能性もあるので注意が必要です。ヒートカッターは時々換気をしながら使用していくのが良いでしょう。

ヒートカッターでツルツルにしたいと考えている人もいると思いますが、安全性の面から考えると1センチ程度の長さにするのが限界といえます。ショーツからはみ出さない程度に短くできればいいと考えている方にヒートカッターはおすすめです。

また、処理に時間がかかる点もヒートカッターのデメリットといえるでしょう。コームにアンダーヘアを通しながら少しずつ焼き切っていく方法なので、アンダーヘアだけの処理でも他の方法に比べて時間がかかります。

デリケートなアンダーヘアはサロンやクリニック等でプロに安全に脱毛してもらうのが最もおすすめですが、アンダーヘアをとりあえず安全な方法で目立たなくしておきたいという方にとっては、ヒートカッターは試す価値のあるアイテムといえるでしょう。