脱毛したいと思った時に最初に悩むのが、エステサロンでの光脱毛(フラッシュ脱毛)とクリニックでの医療レーザー脱毛どちらが良いのかという点ではないでしょうか。

光脱毛と医療レーザー脱毛には効果の違いがあり、脱毛完了までにかかる回数も異なります。

それぞれのメリット・デメリットを比較してみていきましょう。

光脱毛とレーザー脱毛の大きな違いは照射する光の波長の種類です。

光脱毛では複数の波長を含んだ光を広範囲に照射しますが、レーザー脱毛は単一の波長で集中的に熱を集めて照射します。

レーザー脱毛は照射の威力が強く、毛根を破壊するため永久脱毛が可能であるというメリットがあります。

永久脱毛とはほぼ完全に毛を生えなくするもので、クリニックでの医療レーザー脱毛でしか実現できません。

サロンで行われる光脱毛にはSSC方式とIPL方式があり、IPL方式はクリニックで行われているレーザー脱毛とほとんど同じメカニズムですが、出力は医療レーザーに比べて低くなっているので、医療レーザー脱毛と同じ効果を得ることはできません。

永久脱毛を望む人はクリニックでの脱毛が良いでしょう。

さらに医療レーザーは効果が高い為、通う回数も少なくて済むというメリットがあります。

部位や範囲によりますが、だいたい5~6回で完了することが多いようです。

さらに医療機関で行う為、アフターケアが万全でトラブルがあった場合も医師が常駐しているので安心だという点もメリットのひとつです。

デメリットとしては効果が高い分痛みが強いことと、費用が高額になってしまうという点があげられます。

これに対してサロンでの光脱毛は、レーザー脱毛よりも照射する光が弱いため、肌への刺激も弱く痛みが少ないというメリットがあります。

レーザー脱毛と比較して料金も安くて済むという点も大きなメリットです。

しかし、サロンでの光脱毛は効果が弱い為、脱毛完了までに時間がかかるのがデメリットです。

毛周期に合わせて2~3ヶ月に1度の割合で施術を行っていくので、部位にもよりますが完了までに1~2年かかります。

クリニックの場合は半年~1年で完了するので、サロンで脱毛する場合は完了までに時間がかかることを覚悟しておくようにしましょう。

頻繁に通うことになるので、サロンを選ぶ際には、店舗数が多くて通いやすいところを選ぶことが大切です。

このように、光脱毛も医療レーザー脱毛もそれぞれメリット、デメリットがあるので、どちらが良いとは言いきれません。

自分の目的や予算に合わせて選ぶようにしましょう。